日本海の「蟹」の種類は?

home » 日本海の「蟹」の種類は?

蟹の種類について

みのり旅館のある夕日ヶ浦温泉街は日本海に面した京都・丹後の観光町です。京都府から福井県、兵庫県、鳥取県、島根県の日本海で水揚げされる蟹はズワイガニ(松葉蟹)、セコガニ(コッペガニ)、紅ズワイガニが有名です。
春、秋は「紅ズワイガニ」が底引網漁で収穫でき11月から3月の本格的な蟹漁解禁時にはズワイガニ(津居山ガニ・間人ガニ・松葉蟹)の収穫が可能です。
松葉ガニとズワイガニの違いは?セコガニって?蟹の基本的な事をこのページではご紹介させていただきますので蟹料理をお召し上がりになる際には予備知識として是非一読いただくとこれであなたもカニ通になれますよ

  • ズワイガニ
  • 松葉蟹
  • セコガニ
  • 紅ズワイガニ

ズワイガニ

ズワイガニ

日本海で収穫できるズワイガニは山陰地方から北陸地方の水深約200m〜600mの深海にかけて生息しています。深海域に生息するため、脱皮、季節移動、寿命など生態の解明は十分におこなわれていません。
かに料理で主に食される500gから1kg超えのカニは雄ガニで山陰地方では毎年11月から3月のみ漁が解禁となります。ズワイガニでもカニ漁船の漁場によってブランド名が付けられており兵庫県津居山港に水揚げされるカニは「津居山蟹」、京都府間人(たいざ)港に水揚げされるカニは「間人(たいざ)蟹」、福井県越前港に水揚げされるカニは「越前蟹」と呼ばれています。山陰地方では別名「松葉蟹」と呼ばれる事も多々あります。
各港によってカニ足に「タグ」を付けて各地域でズワイガニのブランド化を計っていますので各港のタグを集めるカニファンもいるほどです。


このページの先頭へ

松葉蟹

松葉蟹

松葉蟹は山陰・丹後地方の日本海側の京都府、兵庫県、鳥取県、島根県の港に水揚げされるズワイガニの別称です。福井県では越前蟹とも呼ばれています。また北海道や外国産のズワイガニと種類は同じです。では何故ズワイガニが松葉蟹と呼ばれるようになったのかは幾つかの説があって、活きた松葉蟹の足身を氷水に入れると松葉のようになるからとか、昔々漁師が蟹を茹でる時に松の葉を使って茹でたから等言われています。


このページの先頭へ

セコガニ

セコガニ

セコガニとはズワイガニの雌の山陰地方での呼び名です。コッペガニやせいこがにと呼ぶ地域も山陰地方にはあります。メスガニはオスガニに比べ甲羅の大きさも非常に小さく昔から丹後地方の冬のおやつとしても食されていました。セコガニの特徴はカニ通の間では常識の「内子」と「外子」です。体内にある卵巣「内子」はコリコリとした食感と綺麗なオレンジ色をしており御飯のお供には最高の食材です。外子は、内子にはないプチプチした食感が最高でお醤油を少し付けて食すと最高です。またメスガニはオスガニに比べ資源保護の為収穫できる期間が11月初旬から1月初旬と約2ヶ月しかない為に最近は蟹の本場、日本海丹後地方でも重宝される蟹になりつつあります。


このページの先頭へ

紅ズワイガニ

紅ズワイガニ

兵庫県・香住港や鳥取県・境港は紅ズワイガニの水揚げが多い港として有名です。紅ズワイガニはズワイガニと比べると水深450〜2,500mとかなり深い場所にすむ深海性のカニです。カニの身の肉質や味は、松葉がに(ズワイガニ)に酷似していますが、松葉がにより肉質の繊細さには少し欠けるものの水分のやや多い甘味のあるジューシーな身のカニです。ズワイガニと比べると紅ズワイガニは、からだ全体がオレンジ系の紅色をしています。又松葉がには、表(甲羅側)は薄い茶色で、裏(腹側)は白色か又は淡い黄白色をしています。調理方法としては「茹で蟹」がもっともノーマルな料理になりますがお刺身やしゃぶしゃぶとして調理する事も可能です。
カニ料理で有名な丹後地区も近年、紅ズワイガニ漁で有名な兵庫県・香住漁港に揚がる紅ズワイガニを春と秋の観光シーズンにお召し上がりいたく事も可能です。


このページの先頭へ

みのり旅館について

丹後・夕日ヶ浦温泉
みのり旅館

〒629-3245 京都府京丹後市網野町浜詰46-13

TEL 0772-74-1166 FAX 0772-74-1320

みのり旅館 ニュース

「みのり旅館」運営サイト