みのり旅館の「蟹」料理を食す

home » みのり旅館の「蟹」料理を食す

みのり旅館のかに料理

みのり旅館のカニ料理をご紹介します。
各カニ宿によっては調理方法が違っていますが定番と呼ばれている「かに刺し」「かに天ぷら」「焼きガニ」「かに鍋」はどのカニ料理宿でも食せるかに料理です。

しかし、各カニ宿によって出汁や焼き加減等によってその宿の特徴が出るのもカニ料理です。
カニ料理旅館「みのり旅館」ではカニシーズンに何度も足を運んでカニ料理を食したいと思っていただける料理をご提供させていただいております。

また日帰り昼食でもご夕食と同じ蟹料理をお召し上がりいただけますので是非、11月から3月の蟹漁解禁期間に夕日ヶ浦「みのり旅館」にお越しください。


かにのお刺身

かにのお刺身

「かに刺し」は蟹の鮮度が分かる料理になります。
とろけるような蟹の甘さをお楽しみいただけるかに料理です。
口の中にマッタリと広がるかに独特の甘味は絶品で小さい子供さんからご年配まで幅広い方々に大人気のカニ料理です。


このページの先頭へ

かに陶板焼

かに陶板焼

みのり旅館の焼きガニ料理は陶板で蒸焼きにする蟹料理です。
他のカニ宿では炭火を使用した焼きがに料理もありますがみのり旅館では蒸焼きにすることにより水分がとばず、直火で焼くよりもジューシーになります。
火を通すことで一段と真っ赤になったかにの陶板焼きは、甘味が増し、かに本来の旨みを感じていただけます。
係の者が絶妙なタイミングで陶板焼きの蓋を開けた瞬間、一面に立ち上がる湯気と同時に香ばしいかにの香りが漂い、いつもお客様からは歓声が沸いています。


このページの先頭へ

漁師の蒸し蟹

漁師の蒸し蟹

「その昔、丹後の漁師は、水揚げされた新鮮な活がにを豪快に土鍋で蒸し焼きにして食していた。」それをみのり旅館独自秘伝のだしでアレンジしたカニ料理です。
蟹を豪快に活きたまま目の前で蒸しあげるので蟹の大きさは土鍋に入る大きさになりますので決して大きくありませんが、目の前で手を加えずそのまま蒸し焼きにするので熱々でかにの旨みが凝縮されています。
かに味噌の味は、絶品でまさに本物の味です。身も繊維がギュッギュッと詰まっていて大変美味しいですよ。


このページの先頭へ

かに奉書焼(ほうしょやき)

かに奉書焼

みのり旅館オリジナルの蟹料理です。
かにの頭の部分を丸ごと奉書紙で包み込み、280℃のオーブンで30分焼いたかにの甲羅は、丸ごと焼くことでかに味噌の旨みが逃げず、肩(かにの足の付け根の胴の部分)の身をほぐしてカニ味噌と混ぜ、すだちを搾って食べれば、カニ味噌が苦手な人でも大丈夫な一品です。
また「かに甲羅酒」がご希望の方はこの料理のタイミングで係りの者にお申し付け下さい。


このページの先頭へ

かに天麩羅

かに天麩羅

カニ足をサクサクの衣であげたかに天ぷらは人気のある蟹料理です。
お客様の食事のタイミングにあわせて揚げられるかにの天ぷらは塩がふってあるのでカラッしたままお召し上がり頂けます。


このページの先頭へ

かにのしゃぶしゃぶ

かにのしゃぶしゃぶ かにのしゃぶしゃぶ

かにの殻で長時間煮込んだ秘伝のかに出汁をつかうかにのしゃぶしゃぶ。
全て包丁が入れてある蟹足をご用意し、手前からパッキと割るとスッーと身が取れるかにの足を2〜3回出汁にくぐらせるとパッと花が咲いたようになります。これを自家製ポン酢に少しつけて食べていただくと蟹の身とポン酢の絶妙な味を楽しんでいただけます。
かに足は食べる分づつお鍋にいれるとスカスカにならずに美味しくお召し上がり頂けます。
そしてかにの旨みの出た最高の出汁にお好みに合わせて野菜やくずきりなどを入れたかに鍋もお楽しみ下いただけます。


このページの先頭へ

かに雑炊

かに雑炊

かに料理の締めはもちろんカニ雑炊です。
かにの旨みが更に詰まった出汁に西日本で唯一《特A》の認定を受けた丹後こしひかりを100%使用したお米を当館地下30メートルから汲み上げている天然地下水で炊き上げたご飯を贅沢にサッと洗いお鍋に入れます。
蟹料理の最後なので食べきれなかったカニの身をほぐして雑炊に入れるのが通の食べ方。
『もうお腹一杯と』言いながらもこの雑炊だけは別腹!是非、是非お召し上がり下さい。


このページの先頭へ

みのり旅館について

丹後・夕日ヶ浦温泉
みのり旅館

〒629-3245 京都府京丹後市網野町浜詰46-13

TEL 0772-74-1166 FAX 0772-74-1320

みのり旅館 ニュース

「みのり旅館」運営サイト